もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

交通事故 当て逃げ 鶴岡市

鶴岡市で当て逃げの交通事故に遭った場合の初期対応

山形県鶴岡市でも、自転車に乗用車が当て逃げする交通事故が発生しています。このような当て逃げ事故に遭って負傷した場合、治療費は被害者の自己負担になってしまうのでしょうか。軽傷だからと放置しておくと、時間をおいて後遺症が発生するケースもあります。身体の痛みを抱えて泣き寝入りしないよう、軽い被害事故でもしっかりとした初期対応を取る事が大切です。

まずは警察への報告。相手がわからなくても、交通事故に遭った日時や場所を正確に伝えましょう。覚えている範囲で相手の車の特徴や、当時の状況をしっかり説明するのが重要です。後に犯人が捕まる手がかりになるかもしれません。鮮明な記憶はどうしても薄れていくため、メモ帳や携帯電話の写真機能を活用すると肝心な情報を忘れません。部分的でも相手の車ナンバーを控えてあれば、有力な証拠になります。連絡を先延ばしにしていると、警察の初動が遅れるばかりか現場検証をやり直すなど、不利に働く可能性があります。

また事故証明を取っておけば、傷害保険などを請求する際に役立ちます。交通事故特約によって保険金が上乗せされる場合があるので、保険会社には事故報告とともに必要書類として添付するのをおすすめします。犯人が見つかれば相手の任意保険や、自賠責保険に治療費を求める事も可能です。事故証明は各種の請求手続きに役立つため、忘れずに撮るようにしましょう。
治療がある程度進むと、医師によって治療終了か症状固定の判断がされます。その後は自然治癒するか、医学的に治療しても状態は変わらないと思われる状態です。傷害保険に加入していれば治療の総日数によって精神的慰謝料や、お見舞金が支給されるケースもあります。請求できる権利があるのに使わないのは勿体ない話です。心当たりの保険会社等へ、遠慮なく問い合わせると良いでしょう。また後遺症の等級によって下りる保険金も存在します。

当て逃げ事故で重い怪我を負い、入院や通院をしたいものの傷害保険に加入していない。治療費を請求すべき相手は捕まっておらず、健康保険を使っても自己負担が生じてしまう。そんな八方塞がりのような状態に追い込まれてしまう可能性は、ゼロではありません。それでも一定以上の治療費がかかれば還付される高額医療制度や、自賠責保険に準ずる政府の救済制度もあります。鶴岡市の医療機関でも請求関係に詳しい所はあるので、自分で抱え込まず相談すると良いでしょう。

患者様の声