もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

交通事故 弁護士 鶴岡市

鶴岡市で弁護士に交通事故相談をして示談交渉で損しない

鶴岡市には、交通事故を専門にしていて示談交渉が得意な弁護士の先生がいます。もしも被害者になってしまったら、早めに相談してサポートを受けるのが一番の対処方法です。交通事故に遭うと、いろいろな損害を受けます。まずは身体のケガですが、持ち物や収入にも損害がありますし、仕事を休んで病院に通うなどにより精神的な苦痛も大きいのが当然です。被害者は、被った損害分のお金を加害者に対して請求する権利を持ちます。これを損害賠償請求と言い、加害者には賠償の責任があります。

警察の見分を受けてその事故に事件性がなしとされれば、その後警察が介入することはなく、解決方法については当事者の話し合いに任せることとなります。この話し合いが示談交渉で、示談交渉では賠償の内容や金額について話し合います。賠償項目は細かく分かれていますが、大別すると実質出費の医療費などにあたる積極損害・傷病や後遺障害で減ってしまう収入の消極損害・精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の慰謝料に分かれます。

交通事故の被害者にとって弁護士の先生に相談するのがベストなのは、示談交渉では通常は被害者対加害者の保険会社での話し合いとなるからです。これは、大方の自動車保険に加害者になってしまった場合に備えた示談交渉代行サービスが付いているからで、加害者はこのサービスを使うことで保険会社に味方になってもらっているということです。

保険会社は損害賠償の知識が豊富ですし、立場的に加害者の支払うべき賠償金を代わって支払うことになるので安い示談金で早めの合意に持ち込む傾向があります。被害者に弁護士がついていないと、保険会社ペースで示談交渉が進んで被害者は金額的に損をしてしまうかもしれないので注意が必要です。医療費や物損の修理代などの積極損害は実費が基本なのでトラブルになる可能性は高くはないのですが、被害者の基礎収入がベースとなる消極損害や精神面の要素が大きい慰謝料では保険会社が安い金額で見積もりを出して提示することが考えられます。

被害者は保険会社が示す賠償金額を慎重に見極めて、金額が少なければ正当な金額で交渉しないと損をしてしまいます。しかし、正当な金額を見きわめて説得力のある交渉をするにはそれ相応の知識がないと難しいものです。そこで、鶴岡市の交通事故の示談交渉では交通事故に強い弁護士の先生のサポートが不可欠です。弁護士の先生は、被害者が示談交渉で損をしないように賠償額の引き上げに尽力してくれるはずです。

患者様の声