もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

バイク 転倒 保険

転倒したら大怪我を負う可能性が高いので、バイク保険に加入しよう

若い世代を中心にバイクを利用している人は決して少なくありません。小回りが利く、渋滞の時にすり抜けられる、近場の移動に適している等のメリットは車よりも優れていると言うことができます。ただ、一つ認識しておかなければいけないポイントがあります。それは転倒してしまえば、大怪我をするリスクが非常に高いということです。自分の体を守っているものはヘルメットしかないですし、ヘルメットをしていても衝撃が強すぎると命を落としてしまうケースがあるので、リスクについては考える必要があります。

そこで、バイクを運転するのであれば、保険に必ず加入することを推奨します。万が一、事故を起こして高額な治療費がかかっても大丈夫なように対策をしておくべきです。バイク事故は脊髄を損傷して半身不随になってしまうことがあるので、治療費はかなりかかってしまうと覚悟しておいた方が良いです。自分の運転は大丈夫と考える方がいるようですが、その考えはナンセンスだと言わざるを得ません。運転に自信がある人でも、ちょっとした油断で事故を起こしている現実を見てください。また、誰かの命を奪うことになった場合は多額の賠償金が請求されてしまうことも知っておくべきです。最近は億を超えるケースが出てきているので、個人では払えない額となっています。賠償金が払えないことを防ぐためにも任意保険は必須です。

任意保険の加入率は車が約80%なのに対して、対人賠償が約40%、搭乗者傷害が約30%となっています。安全な車の半分程度しかない割合の低さはもっと問題視しなければいけません。背景として、若い世代の利用が多いので経済的な問題があります。保険料を支払う余裕がないために、30%台から40%台の水準に留まっています。経済的な余裕があまりないことを考慮しても、加入しないのは避けなければいけません。何かが起こってから後悔しても遅いので、多少の出費は許容するべきです。最近はネット保険というものがあるので、料金を抑えることが可能になっています。営業などの人件費や広告代、パンフレット費用などを抑えることで、その分料金が安く設定されています。

ただ、料金だけにこだわり過ぎると不十分な補償内容のものを選んでしまうので注意が必要です。補償内容が対象外だったというケースが少なからず起きているので、料金だけでなく補償内容もしっかりチェックして選ぶことが求められます。お金が勿体ない考えは理解できなくもないですが、自分と相手の両方のために大事なことなので、頑張って加入してください。

患者様の声