もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

交通事故 慰謝料 鶴岡市

鶴岡市で交通事故の慰謝料相談をする

鶴岡市には、交通事故問題を得意とする弁護士の先生が大勢います。交通事故で被害者になってしまうと、ケガをしたり仕事ができなくて収入が減る、持ち物が壊れるといったいろいろな損害を受けます。また。忘れてならないのが精神的に被る苦痛です。交通事故の被害者は、これらの損害について加害者に金銭を請求することができます。

これが損害賠償請求で、請求できる項目は細かく分かれていますが大別すると積極損害・消極損害・慰謝料に分けられます。積極損害というのは、治療費や物損の修理など事故に遭ったことで発生する事実上の出費です。これに対し、将来受け取れたはずの収入が減ったものを消極損害と言います。また、精神的な苦痛に対する賠償金が慰謝料です。

積極損害は基本的に実費ですが、消極損害はその人の収入などがベースとなりますし、慰謝料は精神的な苦痛に対して支払われるお金なので個人差が大きいのが損害賠償請求の難しいところです。損害賠償の内容や、金額については事故の当事者どうしが話し合って決め解決とします。この話し合いが示談交渉で、事故の当事者間の交渉ではありますが加害者側からは保険会社の担当者が交渉にあたります。
これは、ほとんどの自動車保険に交通事故に備えた示談代行サービスが付いているからです。加害者は示談代行サービスを利用して保険会社を味方につけるので、実際には保険会社と被害者との話し合いとなるわけです。

鶴岡市で示談交渉をするなら、弁護士の先生に相談して示談の代行をしてもらうのが一番です。それは、加害者サイドの保険会社は賠償金を加害者に代わり支払う立場ですから、金額をなるべく抑える方向で交渉を進めるからです。特に慰謝料においては、個人差による不公平感をなくす目的で計算基準がありますが、その基準がひとつではなくどの基準を使うかでもらえる慰謝料の額が大分変ってしまいます。

計算基準は自賠責・任意保険・弁護士または裁判と3つあり、自賠責基準では安く、弁護士または裁判の基準では高額に計算されます。示談交渉の中で相手の保険会社が提示してくる賠償金がどの基準で計算されたかを見極めないと、被害者は損をしてしまいますから要注意です。しかし、ケガをして大きなダメージを負う被害者が、乏しい知識で保険会社と公平に交渉するのは難しいのが現実です。
そこで、鶴岡市の示談交渉なら交通事故に強い弁護士の先生に相談して味方になってもらうことで正当な弁護士基準の賠償金を請求してもらえて安心できます。

患者様の声