もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

事故 加害者 保証

交通事故の加害者でも保証を受けられるケースが

交通事故の加害者は、怪我をしても、仕事を休むことになっても、なんの保証も受けられない、と思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。確かに100%の過失で任意保険にも加入していない、ということであれば、自己負担となるでしょう。自賠責保険はそもそも被害者救済が目的ですから、自損や100%加害の場合は支払いの対象にはなりません。しかし、自身の加入している保険会社の契約によっては、治療費などが支払われる可能性もあります。はじめから決めつけて、諦めてしまわないように注意しましょう。

また、100%の過失、というのはそうそうあるわけではありません。完全に停止している車にぶつかったのであれば、100%の過失になるでしょう。しかし、前の車が急ブレーキを踏んだ、というような場合には、追突された側にも一定の過失が認められます。また、最も多い交差点での事故では、完全な信号無視でもない限り、どちらかだけに過失が認められることは少ないです。優先などはありますが、ドライバーは常に注意義務が課せられており、たとえこちら側が優先であっても、周囲に注意しなければならないからです。

相手に1割でも過失があれば、損害の1割が保証されます。つまり、相手の過失がゼロか、ゼロではないか、というのは大変重要なポイントです。明らかにこちら側に過失がある場合、気が動転してついこちらが100%悪いような発言をしてしまいがちです。その発言が後々不利になることもありますので、滅多なことは言わないほうが無難です。もちろん謝りもしない、というのはいけませんが、全面的にこちらが悪い、というような発言は安易にしてはいけません。

加害者、被害者、というのは、過失割合が高いほうと低いほうの呼び名の違いであって、加害者が被害者の言いなりにならなければならないわけではありません。穏便に解決できるよう尽力しつつ、場合によっては弁護士に相談することも検討したほうが良いでしょう。

過失割合は、交通事故ではよく争いになるところです。こちらが加害ということであれば、こちら側の保険会社が相手と交渉にあたりますので、自身の主張をしっかりと伝えておきましょう。相手が青だったと主張していても、黄色だったと記憶しているなら、その通りに伝えれば良いでしょう。大切なことは、必要以上に怯まないことです。怯むと相手はそこにつけこんできますので、本来負う必要のない賠償責任まで負わされる羽目になりかねません。

患者様の声