もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

交通事故 申請 鶴岡市

鶴岡市で交通事故の後遺障害の等級申請をするなら

鶴岡市には、交通事故トラブルの取り扱いが多い弁護士の先生がいます。もしも事故で被害者になってしまったら、早めに弁護士の先生に相談するのが損をしないポイントです。
交通事故で被害者になってしまうと、被った損害を相手に対して損害賠償請求することができます。賠償請求の内容や金額については加害者との示談交渉で決定しますが、加害者の方からは保険会社の担当者が交渉にあたるのが一般的なので保険会社のペースで交渉が進められてしまうことがあります。特に弁護士の先生のサポートが重要になるのが、後遺障害が残ってしまうケースです。

交通事故でケガをすると、ケガの治療が終わってからも回復の見込みが持てない症状が固定で残ってしまうことがあります。この症状により介護が必要であったり、労働能力が低下すると後遺障害に認定されます。後遺障害として認定されると、傷害つまりケガで入通院したことの慰謝料とは別に後遺障害分に慰謝料を請求できます。また労働能力の低下が認定されますから、将来的に収入が減ってしまうことになり、この収入の減は逸失利益として賠償請求できます。

後遺障害には認定等級の制度があり、障害分の慰謝料や逸失利益は認定等級により決定されます。そのため、後遺障害の損害賠償請求をするためには等級を認定してもらうことが必要です。
後遺障害の等級認定申請の方法は、事前認定と被害者請求のふたつあります。事前認定というのは、加害者の保険会社に全て依頼して申請してもらう方法です。被害者にとっては手続きの負担がない方法ですが、提出書類などを自分でチェックすることができないため、認定された等級納得がいかないというケースも少なくありません。

一方の被害者請求は、被害者自身が必要な書類などをそろえて等級認定の申請をするやり方です。被害者請求なら、内容を自分で把握できるのでその後の後遺障害分の賠償請求について納得のいく示談交渉ができるというメリットがあります。
鶴岡市で交通事故問題が得意な弁護士の先生は、後遺障害の等級申請についても親身にアドバイスをしています。被害者はケガをして後遺障害が残るなど心身に大きなダメージを抱えていますから、弁護士の先生に書類作成その他の手続きを代行してもらえれば安心です。後遺障害の等級により請求できる慰謝料や逸失利益が大きく変わってきますから、認定された後遺障害の等級に不服があれば弁護士の先生なら異議の申し立てや再申請の手続きを積極的に行い、被害者に有利な等級認定に尽力してくれるはずです。

患者様の声