もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

事故証明書 鶴岡市

鶴岡市の弁護士に交通事故証明書の相談

交通事故が起きたら、けが人の救護とともに事故の大小にかかわらず必ず警察に届け出をします。警察では、交通事故の連絡を受けると実況見分を行います。見分では、事故の状況や目撃者関連の情報などを記録して交通事故証明書のベースとします。
この実況見分の結果、その交通事故に事件性がないとされればその後の警察の介入はなく、当事者どうしで解決方法を話し合うことになります。この当事者どうしのし話し合いが示談交渉です。

示談交渉は当事者間の話し合いですが、加害者は保険付帯の示談交渉代行サービスを使うので実際の交渉は保険会社の担当があたります。よって、被害者は相手の保険会社と話し合いを進めることとなります。
保険会社の立場というのは、加害者から被害者への賠償金を実際に支払う立場にありますから、金額はできるだけ安くしたいところです。また、過失割合についても交渉の中で決められます。過失割合というのは、その交通事故の発生において加害者・被害者のどちらにどの位の不注意があったかを数字で示すものです。この過失割合は、もらえる賠償金の額を左右します。と言うのは、実際に被った損害額から自分の過失割合分を差し引いて相手に請求する仕組みで、これを過失相殺と呼びます。過失相殺により、過失割合が大きいほど加害者に請求できる賠償金額は減ってしまいます。

鶴岡市には、交通事故問題が得意な弁護士の先生がいます。もしも鶴岡市で交通事故の被害者になってしまったら、そうした交通事故に詳しい弁護士の先生に味方になってもらうのが最善の対処方法です。
弁護士の先生に早めに相談して味方になってもらっていれば、過失割合を決定するのに重要視される交通事故証明書についても被害者にとって有利なアドバイスがもらえ安心です。そのためには、示談交渉の途中で決裂したりトラブルになってからではなく、交通事故の発生直後に弁護士の先生に相談しているとベストです。

また、事故の発生当初はケガをしていないと思っていても、後々になって身体的な症状が現れることがあります。むちうちなどの後遺症はその代表です。このように後になってから後遺症などが見られたケースでは、当初物損事故の扱いになっている事故証明書を人身事故扱いに変更する手続きが必要です。その手続きをしないと、傷害事故として治療費や慰謝料の損害賠償請求ができなくなってしまいます。鶴岡市の交通事故に強い弁護士の先生なら、そうした物損事故から人身事故への事故証明書の変更についても丁寧にサポートしてもらえるはずです。

鶴岡市で交通事故に巻きこまれたら証明書が過失割合を左右する

もしも鶴岡市で交通事故に巻き込まれてしまったら、最初にすべきことはけが人の救護と警察への届け出です。小さな交通事故だからということで安心せず、警察への届け出は必ず必要です。

警察に届け出ると、実況見分が行われます。見分ではいろいろな状況確認をして、事件性がなければ警察としてはその後の介入はありません。よって解決については加害者・被害者の当事者どうしの話し合いによるものとなります。
話し合いでは、加害者から被害者に対していくら賠償金を支払うかを中心に決めていきます。賠償金の内容は、医療費や物損の費用、減ってしまった収入、精神的ダメージに対する慰謝料などと複雑です。

この話し合いは示談交渉と呼ばれます。示談交渉では、一般に被害者は加害者の保険会社と交渉します。これは、自動車保険には加害者になってしまった場合に備えて示談代行特約が付いていて、加害者はそれを使い保険会社のサポートを得ているからです。この時、保険会社は支払う賠償金は少ない方がよいので、安い示談金で早々に解決しようとするかもしれないので要注意です。

さらに、交通事故の損害賠償請求では過失割合が請求金額を大きく左右します。過失割合というのは、その交通事故の発生時において加害者・被害者のどちらにどのくらいの落ち度や不注意があったかを示すものです。被害者の損害額がわかったら、そこから被害者の過失割合分にあたる金額を引いた上で加害者に損害賠償請求することになります。これを過失相殺といい、自分の過失割合が大きいほど実際の損害額に対してもらえる賠償金が少なくなってしまう仕組みです。

この過失割合についても、示談交渉の中で相手の保険会社と交渉していきます。過失割合については、最初に受けた警察の実況見分を元に発行される交通事故証明書を参考にして決定されます。しかし、加害者サイドの保険会社は損害賠償請求や示談交渉のプロで知識も豊富なので、被害者がひとりで対応するとなると過失割合の点でも損をしてしまう可能性があります。一度示談に応じると、後からでは内容の変更や取り消しはできないので慎重に進める必要があります。

過失割合の決定を含め、示談交渉や損害賠償請求で損をしてしまわないためには、鶴岡市で示談交渉が得意な弁護士に相談するのがベストです。弁護士相談のタイミングは、示談交渉がトラブル化してからではなくできるだけ早めに相談して味方についてもらうのが何よりです。すぐに弁護士に相談していれば、過失割合に関わる警察の証明書についても有利なアドバイスがもらえて安心です。

患者様の声