もう大丈夫です!
ご予約は今すぐ!
ここをタップして電話をする
受付時間(月‐金)
9:00~13:00 / 14:30~20:30
友だち追加数

交通事故治療 手続き 方法

交通事故治療の手続き方法について

交通事故に遭遇してしまった場合、被害者だけではなく加害者も何らかの負傷をしてしまう場合があります。その場合は軽症であればその足で病院に行って治療を受けることができますし、重症の場合はすぐに救急車を呼んで病院での治療を受ける必要があります。ただし軽症であっても後から重症であったと診断される事もあるので、出来る限り救急車対応にしておくと後から手続きをする際に記録が残っているのでやりやすくなります。

そして交通事故関連での怪我や後遺症の治療は交通事故治療と呼ばれており、通常の治療とは異なる手続きをする必要があります。特に特別な治療をするというわけではないのですが保険や支払いに関して重要となっており、手続きをしないまま治療を続けてしまうと示談交渉の際に慰謝料として請求できなくなってしまう可能性もあるので必ず交通事故治療としての手続きをする必要があります。

ではその手続きの方法としてはどのようになっているのかというと、まず最初の治療に関しては通常通り自分の健康保険を利用して治療を受けるようになります。ただし交通事故による負傷であると判断されたり申告した場合、第三者の行為による負傷として取り扱われるので自分の健康保険での治療ができなくなっています。そのため治療を受けた際には病院にその旨を伝えて一旦自分の健康保険で支払いをしてから、自分の加入している公的医療保険を確認して「第三者行為による傷病届」という申請書類を記入して病院側に提出します。そうすることによって申請書類が認められた場合、加害者が判明していればその後の治療は加害者側の健康保険で対応する事ができるようになっています。

つまり加害者が判明している事が前提となっているので、申請書類を提出する前に加害者との示談交渉など慰謝料や損害賠償に関する話し合いを済ませておく必要があります。また加害者側が事故を認めていなかったり支払いを拒否した場合は裁判を行わなくてはいけませんし、加害者が判明していない場合は請求する相手が不明となっているので判明するまでは自分たちの保険から支払うしかないとされているのです。

ほかにも注意点として最初から加害者側の保険を利用して治療をしたいと考える人もいるのですが、これに関しては出来る場合とできない場合があります。というのも加害者と加害者自身の加入している保険会社の対応力と治療に行った病院の方針によっては最初から加害者側の保険を利用することもできますし、逆にできない場合があるのです。

患者様の声